「しるし」だけではない落款印

  • RSS

書道や絵画、魚拓や絵手紙を趣味にしている方には馴染みのある落款印ですが、落款印は自分の作品に署名をしたあと、自分の誠意を尽くした責任あるものであると証明する「しるし」として、落款印を捺印します。
落款印とは主に、作品を引き立たせるための重要な役割を果たしています。
そうした「しるし」という意味だけではなく、作品が完成したことを現しています。

落款印の使い方の標準としては、白文印という姓名を彫刻した印、朱文印という雅号を彫刻した印、関防印という引首印ともいわれる書きはじめの「しるし」として、また、飾りとして作品の締まりをよくするために使われる長方形の印の、三つ(三顆印)を捺印します。
作品の大きさや内容により一顆にしたり、二顆にしたりと使い分けた方がいいようです。

また、落款印の文字の配置は、右から左に配置するのが一般的です。
並びが逆なのではと思われるでしょうが、昔から、縦書きの文字を書くときには、右から左に行を変えていきますが、横に文字を書くときも同様に右から左へ一文字づつ改行していくので、「郎太田山」のようになります。
印材には、柘や寿山石、青田石、巴林石などの天然石が使われています。
とくに絶対にこのサイズでなければならないという規定はありませんが、作品の大きさにより落款印も使い分けるというのが一般的なようです。

また、書物の所蔵を明らかにするため蔵書に押した印影を蔵書印といいます。
「○○蔵書」と彫刻して所有者をはっきりと示す役割をしているので、蔵所専用として使い分けるのがいいでしょう。



~ 注目のWEBサイト情報 ~

<激安日本一の>チラシ印刷

チラシのイメージがほぼ決まっているけど形にできない!とお悩みのかたはご安心ください。
手書きの簡単なレイアウトを参考に、デザインのプロが調整しながら制作いたします。
チラシのためのデザインセンターを持つことで驚きの安さを実現しています。

詳細は比べて安さがわかる激安日本一のチラシ印刷総合サイトをご覧ください。

このページの先頭へ