会社の実印・認印

  • RSS

“代表者印”ともいわれる会社の実印は、本社所在地の法務局に届け出をしてから使用されます。
会社の実印は、登録の規定が定まっていないため、何でもよいのではと思われがちですが、個人の実印と同等の、またはそれ以上に重要な役割を持っていますので、犯罪を避けるためにも、役職名と会社名を彫刻したものを登録した方が良いでしょう。
会社の顔ともいえる角印は、会社名、組合など団体名称を示す印です。
四角形の中に社名、屋号、団体名などを彫ったもので、登録の義務はありませんが、その法人の信用度という観点からして、とっても重要なものです。

大まかにいえば、会社の認印なのですが、官職印では、部長は30mm角、課長は23mm角、公職印では、部長は23mm角、課長は21mm角という定められた規格もあるのです。
一般的に使われる会社の角印には、大きさの規定はありません。
しかし21㎜角又は、24㎜角の大きさものが一般的には使われているようです。
その他に、会社で使われる印には、銀行印や役職印などがあります。
銀行印は、銀行に届ける印の事ですが、個人と同じように、会社が銀行に届け出て使われます。小切手や手形を振り出すときなどにも使用されます。

役職印とは、『代表取締役印』『部長之印』『支店長印』など、役職名の入った印鑑の事です。
オフィスなどの事務仕事をしている方なら、社内文書などで一度は目にされたことがある役職印ですが、さまざまな場面で、幅広く使用されています。
役職印は、あまり気にしてみるものでもありませんが、一番よく目にする印なのかもしれません。



~ 〔関連おすすめサイトのご紹介〕 ~

<簡単・自由にレイアウト>名刺作成

最短即日出荷が可能なスピード名刺館
多彩なサイズやデザインから選べるテンプレートは500種類以上!
スタイルに合わせて豊富なレイアウトの中から名刺をお選びいただけます。

このページの先頭へ