印鑑は個人で持って唯一性をまもりましょう

  • RSS

ご存じのとおり印鑑には、用途に応じて使い分けられるように、実印や銀行印、認印などというさまざまな種類があります。
住民登録している市や町の役所に登録申請をして、認可された印鑑を実印といいます。
たとえ材質が悪く安いものでも、登録して認められたは実印として通用します。
反対に、どんなに高価な印鑑でも、登録をしていなければ実印とは認められないのです。

実印は法律上、社会上の権利や、義務の発生がでてきますので、金銭などの貸借証明、不動産取引、遺産相続、公正証書の作成など、責任が伴うものに使用されます。
唯一性をまもるためにも、認印や銀行印などとの併用を避けたほうがいいでしょう。
実印は本人の意思を証明する大切なものですから、家族共用で認印のように使わないようにしましょう。
書類に捺印する際も、文書をよく読んで、確認してから慎重に捺印した方がいいでしょう。
実印は、姓名を彫刻しなければいけないとの決まりはありません。
しかし、鈴木さん、佐藤さん、田中さんなどよくある姓の方は同姓の方も多いので、姓と名前両方を彫刻する方が安全でしょう。

また、女性が実印を作る場合、独身の方は、これから姓が変わる可能性がありますので、名前だけを彫刻した実印を作られる方が多いようです。
お嫁入りする前に、名前のみの実印と、嫁ぎ先の姓のみの銀行印を贈ったり、成人したお祝いに実印を贈ったりする親御さんも多いようです。
それだけではなく、出産祝いとして印鑑を贈る方も増えてきているので、印鑑に対する気持ちが少し変わってきているのではないかと感じています。
安く手に入れられるものから高価なものまでありますが、丈夫で長く使え、美しいチタンが最近人気上昇中のようです。



【注目サイトピックアップ】

高品質な印鑑を安く作りたい方、必見です!
個人印鑑から法人印鑑まで徹底比較!
《印鑑ネット》は、はんこの購入をサポートする印鑑情報サイトです。

このページの先頭へ